トップ運動 > ジョギングのすすめ
ジョギングのすすめ

▼ジョギングのすすめ

さぁ、ウォーキングの習慣はついたでしょうか?継続することによって、ウォーキングの様々なメリットが実感できたと思います。さて、今回はウォーキングからのステップアップ。ジョギングの紹介です。ウォーキングよりも負荷が増し、ダイエット効果のある運動です。

▽ジョギングのすすめ

ジョギングはウォーキングよりも負荷のかかる運動です。ウォーキングと同様、有酸素運動ですので新陳代謝が活発になり、基礎代謝も上がり、続けることで太りにくい体質になります。

ジョギングもウォーキングと同様、ウェアとシューズさえあればすぐに始められます。ウォーキングとの違いは、ジョギングのほうが負荷が重くなりますので、肺や筋肉が特に鍛えられます。また、20分以上ジョギングをすることによって、かなりのダイエット効果が期待されます。

ジョギングはウォーキングの延長にあります。感覚としては、ジョギングはウォーキングの姿勢そのままに、身体を浮かす技術だと思ってください。正しい歩き方ができれば自然に正しい走り方となります。

▽難しいのは習慣化

さて、最も難しいのがジョギングを習慣にすることです。ジョギングはウォーキングよりも負荷が重い分、苦痛も大きく感じられます。人間は苦痛を感じるとそれを避ける傾向にありますので、ジョギングの習慣化はウォーキングのそれよりはるかに難しくなります。ジョギングを楽しいと感じられるような工夫が必要です。

▽ジョギングを習慣にするヒント

まずは、ちょっとずつ無理をせず続けることです。はじめのうちは「速く走ることよりも長く走る」ことに集中した方がよいでしょう。目安としては、走りながら会話ができるレベルです。ちょっと遅いくらいのペースで十分です。それよりも、長く走り続けることが大事です。そして、疲れたらすぐウォーキングに切り替えて構いません。とにかく、ゆっくりと、周りの景色を楽しむくらいの余裕を持ちながら走りましょう。

1週間ほど、ジョギングが継続したら、目標を定めましょう。目標を定めることで、日々のジョギングに価値がでます。目標を定め、それを達成することによって充実感が得られます。(→効果的な目標設定の仕方は目標設定とごほうび術をご覧ください。)目標とすべき数字は”キョリ”よりも”時間”で設定したほうがベターです。「○○km走る」とするよりも「○○分走る」と設定したほうが、理にかなっています。ちなみに、脂肪の燃焼時間は運動開始から20分といわれています。ダイエットを目標とするジョギングの場合、まずこの”20”分を一つの目標にしてみてはいかがでしょうか?

ある程度ジョギングが習慣化し、走るのが楽しくなってきたら”グッズ”にこだわってみましょう。ジョギングシューズやウェアはあなたのパートナーです。お気に入りのウェアを探しにスポーツショップへ探しに行ったり、心拍計機能付きの腕時計をさがしてみたり。新作のシューズを使ってみるのもいいでしょう。とにかく、あなたの「お気に入り」をみつけてみてください。そうすれば、毎日のジョギングが楽しくなります。

ジョギングに限らず、どんなことにも言えるのですが、楽しければものごとは継続します。ジョギングが楽しいなと思えるような演出をあなた自身が仕掛けて下さい。そうすれば、簡単に習慣になります。

運動のストレス解消効果>>

<<運動TOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ