燃え尽き症候群

▼燃え尽き症候群

▽燃え尽き症候群とは?

燃え尽き症候群とは、仕事など一生懸命に取り組んだ物事を成し遂げた後に、やってくる心の不調のことです。

具体的には、疲れやすい、やる気が起きない、漠然とした不安感に襲われるなどです。

責任感をもって取り組んできたことが成就すれば、やっと重荷を下ろすことができた、ヤレヤレと思うところですが、そんなときに目的を喪失した思いがして心の不調を招くこともあるのです。

空の巣症候群>>

<<ストレスの症状と症候群TOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ

<このページの関連コンテンツ>