トップストレスの基礎知識 > 慢性的なストレスを解消する方法01
慢性的なストレスを解消する方法

▼慢性的なストレスを解消する方法

ストレス解消というと、何やらリラックス的なものを想像しがちです。ストレス・ラボでもそうしたリラックス法を数多く紹介しています。しかし、それらは、その場しのぎの解消法にすぎません。ストレスをもっと根本から解決するにはそれらの解消法では解決できないのです。慢性的なストレスを解消する方法は「運動、睡眠、食事」の3つです。これら3つが柱となり、真のストレス解消法と言えるのです

▽運動、睡眠、食事が慢性的なストレスを解消するカギ

さて、ストレスの原因が運動不足、睡眠不足、栄養不足であることはわかりました。実は、現代人の抱えるストレスの大半は、この3つの不足を補うだけで、解消れるのです。

しかも、これはその場しのぎのテクニックではありません。運動、睡眠、食事の3つが充実したものであれば、まず、慢性的なストレスはおきません。この3つを意識し、習慣にすることで実りある人生を送ることができます。

では、さっそくこの3つに取り組もう!と思い3つを同時並行で始めようとする人がいます。しかし、ちょっと待って下さい。3つ同時にやる必要はないんです。たった一つに集中するだけでいいんです。たった一つに集中するだけで、残り二つは自然と解消されます。

▽一番は!運動不足の解消!!!

運動不足…これを解消すれば残り二つも簡単に解決できます。つまり、慢性的なストレスに最もきく解消法は“運動”なのです。

▽運動と睡眠の関係

運動は体に良いばかりか、夜の眠りにまで影響を及ぼします。

人間の体は不思議なもので、運動をすると眠くなるようにできています。試しに日中、適度な運動をしてみてください。夜になると自然と眠くなってきます。

睡眠不足で悩んでいる人は、眠ることばかりに意識がいっています。「寝よう、寝よう」と思ってもそんな簡単には眠れません。眠りとは自然にやってくる生理現象です。

寝よう寝ようと思う前に、日中思いっきり体を動かしてみてください。そうしたら、自然に眠くなります。睡眠も一日のバイオリズムの一部です。そして、睡眠は日中の運動からもたらされるものなのです。

続き 慢性的なストレスを解消する方法02>>.

<<ストレスの基礎知識TOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ