トップストレスの基礎知識> ストレスの原因〜運動、睡眠、食事〜
ストレスの解消の3原則

▼ストレスの原因〜運動、睡眠、食事〜

現代はストレス社会といわれています。しかし、現代に限らずどの時代にもストレスはあったはずです。では、なぜこんなにも今の時代にストレスを抱えている人が多いのでしょうか。それは、現代人の多くが規則正しい生活をしなくなってきているからです。規則正しい生活は、私たちの体と心を健全なものにしてくれます。ストレス・ラボではストレスの原因を運動不足、睡眠不足、栄養不足だと捉えています。

▽ストレスの一番の原因は運動不足!!

現代人にストレスを強く感じている人が多いのは、多くが運動不足です。

「いや、私の場合、運動不足は関係ないよ。仕事の忙しさに疲れているんだ。」「私も、運動不足は関係ない。部下が言うことを聞かずに、すぐイライラしてしまうだけだ。」などと、言う人がいますが、これらも運動不足からきたストレスです。

仕事や人間関係などで、脳はフル回転で働いているのに比べ、体を動かすことは少なくなってきています。そのため、1日の終わりには脳には疲労がたまっているのに、体は疲れないという疲労のアンバランスが生まれます。

▽運動不足→睡眠の質の低下→慢性な疲労感

疲労のアンバランスが生まれると、布団に入ってもなかなか眠れず、眠りも浅いものになります。そうした日々をくり返すことで、慢性の睡眠不足になってしまいます。

睡眠不足には、体も心にも疲労を蓄積させ、ストレスにも弱くなります。ひどくなると、うつ病の直接的な原因となります。運動不足が招く疲労のアンバランス、睡眠不足がストレスに弱い体をつくってしまうのです。

▽食生活の乱れ

ストレスを引き起こす生活習慣としては、運動不足や睡眠不足以外にも、食生活の乱れがあげられます。

食事とストレスというと、あまり関係がないように思われますが、食事による栄養不足は脳にも影響します。脳が栄養不足になると、当然脳の働きがにぶくなります。これは脳のピンチです。

このピンチを全身に知らせる信号が気分の落ち込みやイライラといった心の症状なのです。栄養不足が解消されなければ、ストレスが悪化して、慢性のうつ病状態に陥ってしまいます。

ストレスの基礎知識 慢性的なストレスを解消する方法01>>

<<ストレスの基礎知識TOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ