トップリラクゼーション > リラックス健康法〜カラオケで気分すっきり〜
リラックス健康法〜カラオケで気分すっきり〜

▼リラックス健康法〜カラオケで気分すっきり〜

ストレス解消でカラオケに行く人は多いようです。今回は、ストレス解消のためのカラオケの効果と実践法をご紹介します。

▽カラオケはストレス解消効果がいっぱい

音楽は聴くだけではなく歌うことでも、ストレス解消には効果があります。特におすすめなのがカラオケです。

カラオケで気の合った仲間と一緒におなかの底から大声で歌えば、適度な緊張とリラックスのバランスが、自律神経を整えるのによい影響を与えます。大きな声で歌うことで汗をかき、体内の老廃物を発散すると同時に、精神的なストレスも発散できます。

おなかの底から歌っていると、脳全体が活性化し、脳下垂体を刺激して自律神経のバランスや働きが正常になります。

また、歌詞の内容に気持ちをこめれば脳が刺激され、若がえりのホルモンや性腺刺激ホルモンが分泌されて、ボケ防止や美肌効果も期待できます。さらには、おなかから声を出して歌うことで、腹筋を使って腹式呼吸をする全身運動にもなります。さまざまな効果があるカラオケでストレスを乗り越えましょう。

▽心身に効くカラオケ実践のコツ

実践1リラックスした姿勢で立ち、おなかから声を出す
リラックスして歌うことが大切です。そのうえでマイクに頼らないで歌うと、自然に腹式呼吸ができるようになります。喉を傷めず、心肺機能も高まります。

実践2.毎日2〜3曲歌うことを習慣づける
歌うときに使う横隔膜や声帯は、少しずつでも毎日刺激を与えると、体のほかの筋肉と同じように鍛えられます。家で歌うだけでもOK。毎日2〜3曲練習すれば、歌も上達します。

実践3.歌詞を覚えて歌えば、ボケ防止に役立つ
自分の得意な2〜3曲程度は歌詞を覚え、モニターを見ずに最後まで歌えるようにしてみましょう。感情をこめて歌えば、脳が刺激され、ボケ防止にもなります

実践4.ほかの人の歌を聴くだけでも効果はある
ほかの人が歌うのを聴き、曲の音やリズムを感じるだけでも、大脳皮質が刺激される効果があります。ほかの人の歌を聴かずに、曲選びや話をしていてはもったいないことです。

リラックス健康法〜腹式呼吸ですっきり〜>>

<<リラクゼーションTOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ