トップ簡単!ストレス解消法 > 目を閉じてみよう
簡単!ストレス解消法〜瞑想する〜

▼目を閉じてみよう

今の世の中は情報が溢れかえってます。便利になる反面、ものごとがごちゃごちゃし、複雑な世界になっています。今回のテーマは「目を閉じてみよう」。いろんなことに疲れてしまったらやってみてください。ただ、そっと目を閉じるだけです。

▽視覚情報と脳

私たちの脳は目から入ってくる情報を処理し、それが何を意味するのか、をたえず計算していきます。つまり、

目からの情報(インプット)→脳→理解(アウトプット

といった流れです。

通常脳は、この作業をものすごい速さで処理していきます。イメージとしては、超高性能のコンピュータと思ってもらえば、分かりやすいかもしれません。

しかし、現代はありとあらゆる情報が流れ、私たちの目にはいっていきます。脳はその量に追い付こうと必死に処理してゆきますが、ある時、その処理が追いつかなくなることがあります。処理が追いつかなくなると、疲労感やストレスを感じます。

例えば、見知らぬ土地に行ったり、大勢の見知らぬ人たちと過ごしたり、人ごみの中を一日中歩き回っているとかなり疲れます。逆に、見慣れた風景や、知っている顔、穏やかな自然を見ると安心します。これは、脳の処理量の差です。

▽目を閉じてみる

脳が疲れたなと思ったら、一度その視覚情報を遮断してやればいいのです。つまり、”目を閉じる”ことをすればいいのです。

目を閉じたら意識を別のほうに向けるのが良いです。例えば、大草原の風をイメージしたり、穏やかな波の音、または大好きな人の顔などです。そうすることで、脳の処理能力が少なくなり、安心感を得、ほっとします。

また、なかなかイメージができない人は、呼吸を意識すると効果的です。肩の力を抜き、目を閉じ、自分の呼吸を意識します。ゆっくりと吸い、深く吐く、これを5分くらい繰り返せば、リラックスした状態になるでしょう。

指体操をしよう>>

<<簡単!ストレス解消法TOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ