トップ簡単!ストレス解消法 > 合谷を押してみよう
合谷を押してみよう

▼合谷を押してみよう

人間には数え切れないほどの”ツボ”が体の中にあります。今回ご紹介する”合谷”もそのツボの一つです。合谷を押すことで脳のリフレッシュ、活性化にもつながりますので、みなさんもやってみてください。

▽ストレスを和らげるツボ”合谷”

カナダの脳学者ペン・フレドによると、脳の動きと強く連動しているのが手であることが分かりました。

そして、手にはさまざまなツボがあり、ストレスやイライラを和らげるツボがあることも分かりました。それが”合谷”と言われるツボです。

頭の芯が疲れたような感覚があるときにこの合谷を指圧すると、不思議なくらい頭重感がとれるのです。

▽合谷を押してみよう!

手の甲側の、親指と人差し指の交わる付け根部分を合谷といい、指圧ツボのひとつとして知られています。

この「合谷」にもう一方の手の親指の腹を当て、その他の指を手のひら側に当ててギュッと力を押してみましょう。人差し指側に強く押すとズーンと痛みが走る人も少なくありません。

この痛みが「合谷」しっかり指圧した、というサインなのです。痛いのは当然ですので心配ありません。

▽右手の合谷は左脳、左手の合谷は右脳

さらにこの合谷を押すことで、脳との直接的な効果も分かっています。脳の血流検査の結果、右手の合谷を押すと左脳に、左手の合谷を押すと右脳により血液がさかんになることも確認されています。それだけ脳が活性化されている証拠です。

私たち、特に知識労働の皆さんは、普段は左脳ばかりを使い、偏った脳の発達を促しています。そういう人は左手の合谷を右手の合谷よりも多く押してみてはいかがでしょうか。

右脳を活性化させることで、自然の変化を敏感に感じるなど、感性豊かな性格になっていきます。

合谷は脳のリフレッシュ効果でなく、普段使っていない脳の活性化にも役立ちます。5分で簡単にできますので、ぜひお試しください。

筋弛緩法をやってみよう>>

<<簡単!ストレス解消法TOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ