トップストレスQ&A > ストレスが高じるとがんになると聞きましたが、本当ですか?

▼ストレスQ&A

質問:ストレスが高じるとがんになると聞きましたが、本当ですか?

答え:要因にはなるが、ストレスだけではがんにならない。

心筋梗塞など心臓病にかかりやすいタイプのA型性格(行動パターン)に対し、がんになりやすいタイプはC型性格(行動パターン)といわれます。

抑圧的、きちょうめん、おとなしい、自己犠牲などの性格や行動パターンは、ストレスを受けやすく、身体の免疫力に影響を及ぼして、がんの発生や経過に影響を与える可能性があることが、指摘されています。また、動物実験からもがんとストレスが、神経系、免疫系、内分泌系に影響し、がんの進展にどのように関連するかについての研究も進んでいます。

しかし、ストレスががんに係わりがあるといっても、ストレスだけではがんになるわけではありません。ストレスはその誘因となったり持続要因になるのだということを理解してください。

質問:ストレスは体の抵抗力を弱くしますか?>>

<<ストレスQ&Aトップへ
<<ストレス・ラボTOPへ

<このページの関連コンテンツ>
  • ストレスと病気