トップストレスの基礎知識 > 5.ストレスは免疫力を低下させる
ストレスの基礎知識(5)ストレスは免疫力を低下させる

▼ストレスの基礎知識(5)ストレスは免疫力を低下させる

ストレスと体の関係について、今回は「ストレスと免疫力」です。ストレスには免疫力を低下させる影響力があることが最近の研究でわかってきました。

▽ストレスと免疫力

ストレスが免疫力にどのような影響をおよぼすかについての研究も、進んできました。

私たちがストレスを受けると、脳からはストレスの反応してステロイドホルモンや神経伝達物質が分泌されます。これら脳から分泌された成分は、リンパ球や細胞の働きを低下させるのです。動物実験によってこれらが実証されています

また、精神的なストレスを受けた人とそうでない人とを比較すると、精神的なストレスを受けた人の方が免疫力が落ち、風邪を引きやすい、とうい結果も出ています。

▽ストレスはがん細胞にも影響する

精神的なストレスが免疫の働きに及ぼす影響を調べる分野は精神免疫学と呼ばれる分野です。現在、この分野の研究が進み、ストレスががん細胞の発生に影響をおよぼすことや、心の持ちようによって免疫に違いが出ることもわかってきました。

ストレスが加わると、免疫力が低下することがわかってきた結果、心身の健康を維持するためには、ストレスに上手に対処することの大切さがクローズアップされてきました。

続き 6.ストレスは3段階で悪化する>>

<<ストレスの基礎知識TOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ