トップストレスと病気 > 簡単♪うつ病改善法!−運動編@-
うつ病改善-運動編-

▼簡単♪うつ病改善法!-運動編@-

ひょっとしたら自分はうつ病かもしれないと思っても、なかなか病院に行く勇気がないという方も多いと思います。こうした方へ病院に行く前に自分でもできるうつ病の改善法をお教えします。今回のテーマは「運動」です。

▽うつ病への運動効果

副作用や依存性の高い抗うつ薬になるべく頼らずにうつ病を改善したいという人にお勧めなのが、軽い運動です。うつ病に対する運動の効果には様々な研究で実証されています。

例えば、1985年に発表されたノルウェーの精神科医エギル・マーチンセン氏の臨床試験があります。

この試験は日常生活を送るのもままならないほどのうつ病と診断された49人を半分に分け、一方は1週間に3日、1時間程度ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を残りの半分はその時間に作業療法を行うものでした。すると9週間後、有酸素運動のグループの男女は作業療法のグループよりもうつ病に大幅な改善が見られたのです。

また、デューク大学医学部ジャームズ・ブルメンサル教授は、有酸素運動のみを行ったグループ、抗うつ薬を服用したグループ、抗うつ薬と有酸素運動を併用したグループに分け、4ヶ月間の治療効果を比較しました。すると、有酸素運動のみを行ったグループの回復率が最も高いことがわかりました。さらに6ヶ月後の再発率は、有酸素運動のみを行ったグループが最も低いこともわかっています。

▽有酸素運動は脳にいい

ではなぜ、有酸素運動などのエクササイズがうつ病を改善するのでしょうか。まずひとつが、脳に対する効果です。

運動をすると、脳内のセロトニンが増えると考えられています。セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸からつくられているといいますが、通常トリプトファンがアルブミンというたんぱく質とくっついて存在しているため「血液脳関門」という脳に入るための関所を通ることができません。

しかし、運動をすることによって、体内での脂肪の分解がすすみ、血液中に遊離脂肪酸が増えると、アルプミンはトリプトファンを手放し、遊離脂肪酸とくっつきます。

すると、トリプトファンは「血液脳関門」をスムーズに通過して、脳内に入ることができ、セロトニンに変換されます。現在あるセロトニンを有効活用しようとする抗うつ薬と違い、運動には脳内のセロトニンを増やす効果があるというわけです。

▽有酸素運動にはその他の効果も

また、運動にはセロトニンだけでなく、ドーパミンやノルアドレナリンといった気分を高揚させたり、やる気を起こさせたりする神経伝達物質があるという説もあります。

いずれも、脳を元気にする精神伝達物質ですから、うつ状態に陥った心も、徐々に回復してくでしょう。

続き 簡単♪うつ改善法!-運動編A->>

<<ストレスと病気TOPへ
<<ストレス・ラボTOPへ